睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に呼吸が止まっている状態が何度も出現する疾患です。寝ている間は、昼間の活動時よりも相対的に少ない呼吸で大丈夫ですが、それでも常に呼吸を行い、二酸化炭素を排出するとともに、新鮮な空気(酸素)を体内に取り込む必要があります。

SASになると、この呼吸が妨げられるため、十分な睡眠効果を得ることが出来ません。そのため、昼間に眠気が襲ってきたり、熟睡が得られずに仕事や家事などの能率が低下するなど、日常生活に支障を来たすようになります。

特に、車を運転している最中にSASによる強烈な眠気が起こり、交通事故を起こす事例が社会問題となっています。日常的に運転されるときに睡魔を経験された方は、早めに医療機関を受診し、睡眠時無呼吸症候群を患っていないか検査を受けるようお勧めいたします。

睡眠時無呼吸症候群を放置すると

睡眠時無呼吸症候群になると、十分な睡眠をとっているつもりでも目覚めの悪さ、身体のだるさ、昼間の居眠りなどの問題が起こりますが、それだけではありません。SASを放置すると、体の物質代謝やエネルギー代謝に支障を来たすようになり、糖尿病や高血圧、心不全、心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まります。

主な症状について

睡眠中の状態

  • いびきを指摘されたことがある
  • 呼吸が止まっている事がある
  • 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • 何度も目が覚める
  • 頻繁に寝汗をかく

起床時の症状

  • 口の中がカラカラに乾いている
  • 頭が重い、痛い
  • 熟睡感がない
  • 気分がすっきりしない
  • 身体が重いと感じる

日中の症状

  • 強い眠気が起こることがある
  • 身体がだるい、倦怠感がある
  • 集中力が続かない
  • 疲労感が抜けない

検査について

睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、まずは問診を行いますが、出来れば同居するご家族などと一緒に受診するようにしてください。この疾患は睡眠時に発症するものなので、患者さまの睡眠中の状態を把握することが大切だからです。
気流やいびき音から気道の狭窄や呼吸状態を調べる検査を行います。自宅で使用できる検査機器を貸与いたしますので、日常生活にあまり影響を及ぼさずに行うことが出来ます。

睡眠時無呼吸症候群の主な治療法・予防法

  • CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法) 
  • マウスピース
  • 生活習慣の改善

など

CPAP療法

鼻に専用のマスクを装着し、睡眠中に圧力を加えた空気を送り込むことにより、気導の閉塞を取り除いて無呼吸状態を解消させる治療法です。中等度から重症の患者さまに効果があります。CPAPを使用することにより、睡眠中のいびきが解消され、朝もすっきり目覚め、昼間の眠気も軽くなります。

マウスピース

比較的に軽症レベルの患者さまの場合は、歯科医院で製作するマウスピースによって症状を改善できる場合があります。下顎を上顎よりも前に出すようにし、舌が喉の方に落ちるのを予防すると、睡眠中にも気道を確保する効果が得られます。マウスピースは、この状態を人工的に作り出すことにより、睡眠時無呼吸症候群の改善を目指すものです。

生活習慣の改善

睡眠時無呼吸症候群は、肥満などの原因によって悪化するケースがよく見られます。このような場合は、肥満を改善するため、食事の量(カロリー摂取量)を減らし、適度な運動を継続的に行うようにします。アルコールは気道の閉塞を悪化させますので、過度の飲酒は控えるようにしましょう。また、睡眠薬などの薬剤には筋弛緩作用を有するタイプもあります。服用している薬が睡眠時無呼吸症候群を悪化させていないか、主治医の先生にご相談ください。

内科、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群 馬車道 栗山内科クリニック

診療時間

日祝
9:00~12:30
14:30~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
:土曜は9:00~13:00

院長
栗山 洋
診療内容
内科、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、脂質異常、高血圧、メタボリックシンドローム、痛風、予防接種、健康診断
電話番号

045-228-8666

所在地
横浜市中区相生町5-78
清栄ビル馬車道5階
★当院5 階:馬車道沿い・1 階平安堂薬局
アクセス

みなとみらい線「馬車道駅」5番出口より徒歩1分

横浜市営地下鉄ブルーライン線「関内駅」

9番出口より徒歩1分

JR 京浜東北線・根岸線「関内駅」北口より徒歩5分

JR 京浜東北線・根岸線・横浜線「桜木町駅」

南口より徒歩8分、新南口より徒歩7分